離婚していいですか??


専業主夫 ムーチョさん推薦のマンガ 「離婚していいですか?」はある意味考えさせられる内容満載の本でした。

かいつまんで筋を言うと、パート主婦は現在 夫と子供二人の4人暮らし。 夫は、他人から見ると、子煩悩で、問題は、なにも外からは見えないけれど、一緒に暮らしてみると、利己的で、上から目線で、思いやりがないという やっかいなタイプ・・。

主婦は共に一緒に生きていく意味を見出せず、息を殺すように、旦那さんの機嫌を損ねないように、自分を押し殺していく毎日に、離婚を夢見て生きています。

DVがあったりで、とうとう 離婚を決意する主婦ですが、最後は子供が描いた暗い絵を見て、離婚を先延ばししてしまうのですが、でも いつかきっと離婚をする事を夢見て、人生を生きるという、 ツライ 救いがない内容になっています。

カウンセラー田中が、それを読んで感じたのは、夫婦二人なら 好き・嫌いだけで 簡単に決着のつく 結婚という紙一枚の つながりが、子供がいると、好き・嫌いだけで 分けられない、十字架を背負うことなんだな・・と感じました。夫の縦のライン・妻の横のラインを結ぶ 紐を子供が担うわけです。

背負ったからには、いい意味でも悪い意味でも 決着をつけるまで  自分以外の好き嫌い以外で、苦しまなくてはいけないし、それが、ある意味 子供のいる夫婦の醍醐味なんじゃないか・・と感じました。

野原広子著 「離婚していいですか」 お勧めです。

カテゴリー: カウンセリング, 夫婦関係   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です